健康医療ビッグデータから学び ヘルスケアシステムを持続的に改善

MISSION

Learning from health big data
to improve the healthcare system continuously

急速に進む高齢化社会において、
国民の健康を守るヘルスケアを
どのように支えるかが
喫緊の課題となっています。

当研究室では、
健康や医療に関する各種ビッグデータから
課題を抽出し、
解決法を探り、
ヘルスケアの現場に還元することを目指します。

臨床疫学 データサイエンス ヘルスケアの課題解決

WORK

ITの進歩により、
活用可能な健康医療データは
飛躍的に増大しています。
診断名、医療行為、薬剤などを
記録したレセプト、
定期的に行われる健康診断の記録、
位置情報通信技術を使って
取得した生活データなど、
さまざまなビッグデータを
新たなアプローチで収集し、
活用可能にします。
それらのデータを、
臨床疫学やデータサイエンスの
方法論で分析。
分析結果をヘルスケアに還元します。

グローバル

グローバル
日本のヘルスケアシステムからの学びは世界に役立ちます。
世界のヘルスケアシステムからの学びは日本で役立ちます。
診療の質の国際比較、生活習慣病重症化予防など、
国際共同研究にも積極的に取り組んでいます。

全国・自治体

全国・自治体

国保組合との共同プロジェクト

医療機関で患者が受けた診断、医療行為、投薬などの情報は
「レセプト」と呼ばれるデータで蓄積されています。

当研究室では、大型国保組合のデータを活用。
医療や予防のデータを時系列で統合し、分析しています。
複雑なデータに対する柔軟なモデリングを利用し、
個人や集団の健康維持に役立つエビデンスを構築しています。
(全国土木建築国民健康保険組合との共同研究)

自治体との共同プロジェクト

地域をフィールドに、健康コミュニティを設計しています。

誰にでも使いやすいICT(情報通信技術)を導入し、
参加者の生活データを無理なく取得。それをデータ処理し分析します。
住民一人ひとりの健康意識を高めることで、自身の健康づくりに役立て、
ひいては地域全体が元気になっていくことを目標としています。

施設

施設

高齢者入居施設でのICT活用

「老い」を支えるヘルスシステムの強化を図るべく、
高齢者入居施設でヘルスデータの収集・分析・フィードバックを行っています。

高齢者も利用しやすいIoT機器を使い、ライフログを自動的に収集。
生活・医療・介護の現場から具体的な課題を抽出し、
高齢者が自立した生活を維持できるように支えます
(日本老人福祉財団との共同研究)
TOP