総説

欧文総説

  • 1.

    Fukuma S, Kurita N, Fukagawa M, Akizawa T, Fukuhara S.
    Impact of cinacalcet introduction on MBD management: the MBD-5D study in Japan.
    Kidney Int Suppl (2011). 2013 Dec;3(5):436-441.

和文総説

  • 1.

    福間 真悟
    臨床研究デザイン
    医学大辞典

  • 2.

    福間 真悟
    もっと診断に直結する!検査の選び方、活かし方Update 臨床の疑問を解決し、賢く検査を使いこなす! 第3章 検査のここが知りたい 7.尿円柱の腎実質性疾患に対する診断特性は?
    レジデントノート Vol.18.2016

  • 3.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第12回 比較を邪魔しているのは誰だ?
    臨床整形外科.2016

  • 4.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第11回 比較すれば問題なし?
    臨床整形外科.2016

  • 5.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第10回 前後不覚!?
    臨床整形外科.2016

  • 6.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第9回 主観的なアウトカム指標は科学的ではない?
    臨床整形外科.2015

  • 7.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第8回 アットリスクとはアウトカムを起こしやすいこと?
    臨床整形外科.2015

  • 8.

    福間 真悟,福原 俊一
    第3章 先制医療を実現するための研究-技術開発、疫学、環境整備 5.超高齢社会における健康長寿戦略-もう1つの先制医療
    実験医学 Vol.33 発症前に診断し、介入する 先制医療 実現のための医学研究.2015

  • 9.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第7回 疑問を「構造化」するのは簡単?
    臨床整形外科.2015

  • 10.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第11回 適切な解析方法を選択する
    Primaria [プリマリア] Vol.11.2015

  • 11.

    福間 真悟
    第2章 世界医学サミット(WHS)京都会合2015のトピックス 8.震災後の回復可能な社会の構築 福島の経験から
    医療レジリエンス 医学アカデミアの社会的責任.2015

  • 12.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏, 関根 祐子
    時めき臨床研究 [24] 薬剤師が現場で行う臨床研究―まとめ
    月間 薬事 Vol.57 No.3.2015

  • 13.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第6回 新規性=良い研究?
    臨床整形外科.2015

  • 14.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏, 関根 祐子
    時めき臨床研究 [23] 薬剤師が現場で行う臨床研究―臨床研究に関する倫理的配慮
    月間 薬事 Vol.57 No.2.2015

  • 15.

    福間 真悟, 福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第10回 研究に必要な対象者の数を見積もる
    Primaria [プリマリア] Vol.10.2015

  • 16.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第5回 リスク=危険性?? 存在,発生,効果の指標
    臨床整形外科.2015

  • 17.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [22] 薬剤師が現場で行う臨床研究―解析方法の選択
    月間 薬事 Vol.57 No.1.2015

  • 18.

    福間 真悟
    震災後の回復可能な社会の構築 福島の経験から.
    In: 医療レジリエンス [Internet]. 1. 東京: 医学書院. 2015. p. 114–20.

  • 19.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [21] 薬剤師が現場で行う臨床研究―バイアスの予防
    月間 薬事 Vol.56 No.14.2014

  • 20.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第9回 相手に「伝わる」抄録の書き方
    Primaria [プリマリア] Vol.9.2014

  • 21.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第4回 多変量解析は万能?
    臨床整形外科.2014

  • 22.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [20] 薬剤師が現場で行う臨床研究―比較の質を高める
    月間 薬事 Vol.56 No.13.2014

  • 23.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [19] 薬剤師が現場で行う臨床研究―研究の実施可能性を見積もる
    月間 薬事 Vol.56 No.12.2014

  • 24.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏, 関根 祐子
    時めき臨床研究 [18] 薬剤師が現場で行う臨床研究―研究計画の批判的吟味
    月間 薬事 Vol.56 No.10.2014

  • 25.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第8回 測定結果を歪める「バイアス」に注意しよう
    Primaria [プリマリア] Vol.8.2014

  • 26.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第3回 RCTは常に最強のデザインである?
    臨床整形外科.2014

  • 27.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [17] 薬剤師が現場で行う臨床研究―研究計画を作成しよう②
    月間 薬事 Vol.56 No.9.2014

  • 28.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [16] 薬剤師が現場で行う臨床研究―研究計画を作成しよう
    月間 薬事 Vol.56 No.7.2014

  • 29.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第7回 比較を邪魔する「第3の因子」に注意しよう
    Primaria [プリマリア] Vol.7.2014

  • 30.

    福間 真悟
    第9章 統計調査 3.血液透析患者におけるESA反応性と死亡の関係:コホート研究
    全人力・科学力・透析力 for the people 透析医学.2014

  • 31.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第2回 「後ろ向き」なコホート研究?
    臨床整形外科.2014

  • 32.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [15] おさらい編③ 研究デザインの型と第3の因子
    月間 薬事 Vol.56 No.6.2014

  • 33.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [14] おさらい編② 測定のデザイン
    月間 薬事 Vol.56 No.5.2014

  • 34.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第6回 研究デザインには「型」がある
    Primaria [プリマリア] Vol.6.2014

  • 35.

    福間 真悟,福原 俊一
    「勘違い」から始める臨床研究 研究の旅で遭難しないために 第1回 P値が小さいほど,効果が大きい?
    臨床整形外科.2014

  • 36.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 おさらい編① 臨床現場の疑問をリサーチ・クエスチョンにする
    月間 薬事 Vol.56 No.5.2014

  • 37.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,伊與田 友和
    時めき臨床研究 [13] 病院薬剤師からみた臨床研究の魅力
    月間 薬事 Vol.56 No.4.2014

  • 38.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第5回 アウトカムを「指標」にして示す
    Primaria [プリマリア] Vol.5.2014

  • 39.

    福間 真悟,福原 俊一,武田 宏,岡田 浩
    時めき臨床研究 番外編[2] これからの薬局とは,薬剤師と臨床研究の関係とは?
    月間 薬事 Vol.56 No.2.2014

  • 40.

    福間 真悟,福原 俊一,岡田 浩
    時めき臨床研究 番外編[1] 先輩から学ぶ 臨床研究はじめの一歩
    月間 薬事 Vol.56 No.1.2014

  • 41.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第4回 医療現場の疑問は、測定しなければ解決できない
    Primaria [プリマリア] Vol.4.2014

  • 42.

    福間 真悟,福原 俊一
    第4号
    臨床研究 去来夢.2014

  • 43.

    福間 真悟,福原 俊一,大西 良浩,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [12] 比較の質―第3の因子に気をつけよう
    月間 薬事 Vol.55 No.13.2013

  • 44.

    福間 真悟,福原 俊一,大西 良浩,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [11] 研究デザインの型(後編)
    月間 薬事 Vol.55 No.12.2013

  • 45.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第3回 医療現場で感じた疑問を臨床研究のまな板にのせる
    Primaria [プリマリア] Vol.3.2013

  • 46.

    福間 真悟,福原 俊一,大西 良浩,渡部 一宏, 関根 祐子
    時めき臨床研究 [10] 研究デザインの型(前編)
    月間 薬事 Vol.55 No.11.2013

  • 47.

    福間 真悟, 福原 俊一, 大西 良浩, 渡部 一宏, 関根 祐子
    時めき臨床研究 [9] 存在・発生・効果の指標(後編)
    月間 薬事 Vol.55 No.9.2013

  • 48.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第2回 臨床研究は医療現場の疑問から生まれる
    Primaria [プリマリア] Vol.2.2013

  • 49.

    福間 真悟,福原 俊一,大西 良浩,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [8] 存在・発生・効果の指標(前編)
    月間 薬事 Vol.55 No.8.2013

  • 50.

    福間 真悟,福原 俊一,大西 良浩, 渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [7] 測定結果の示し方
    月間 薬事 Vol.55 No.7.2013

  • 51.

    福間 真悟,福原 俊一
    臨床研究の道標 実践編 第1回 科学的研究の「お作法」を身につけるには
    Primaria [プリマリア] Vol.1.2013

  • 52.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [6] 測定のデザイン
    月間 薬事 Vol.55 No.6.2013

  • 53.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [5] 良いリサーチ・クエスチョンとは?
    月間 薬事 Vol.55 No.5.2013

  • 54.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [4] PECOの落とし穴
    月間 薬事 Vol.55 No.4.2013

  • 55.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [3] 疑問を解決可能な形に構造化する
    月間 薬事 Vol.55 No.3.2013

  • 56.

    福間 真悟
    付録 4.調整因子とは何か?
    DOPPS-透析臨床にもたらしたimpact.2013

  • 57.

    福間 真悟
    第2章 DOPPSとは何か? 3-3.治療の効果を調べる研究
    DOPPS-透析臨床にもたらしたimpact.2013

  • 58.

    福間 真悟,池之上 辰義,山崎 新.第2章
    DOPPSとは何か? 1.DOPPSを図解する
    DOPPS-透析臨床にもたらしたimpact.2013

  • 59.

    福間 真悟, 福原 俊一, 渡部 一宏, 関根 祐子
    時めき臨床研究 [2] 医療現場の疑問を整理する
    月間 薬事 Vol.55 No.2.2013

  • 60.

    福間 真悟,福原 俊一,渡部 一宏,関根 祐子
    時めき臨床研究 [1] 医療現場の疑問 その1
    月間 薬事 Vol.55 No.1.2013

  • 61.

    福間 真悟,福原 俊一,栗田 宜明,木戸 亮
    腎研究最前線―Up Date Nephrology 研究デザインの型を知ろう(コホート研究編)
    NephrologyFrontierVol.11No.3.2012

  • 62.

    福間 真悟,福原 俊一
    第3号
    臨床研究 去来夢.2012

  • 63.

    福間 真悟,福原 俊一,栗田 宜明,木戸 亮
    腎研究最前線―Up Date Nephrology 研究デザインの型を知ろう(横断研究編)
    NephrologyFrontierVol.11No.2.2012

  • 64.

    福間 真悟,福原 俊一
    第2号
    臨床研究 去来夢.2012

  • 65.

    福間 真悟,福原 俊一,栗田 宜明, 木戸 亮
    腎研究最前線―Up Date Nephrology 臨床研究「7つのステップ」
    NephrologyFrontierVol.11No.1.2012

  • 66.

    福間 真悟,福原 俊一
    第1号
    臨床研究 去来夢.2012

  • 67.

    福間 真悟,福原 俊一,栗田 宜明,木戸 亮
    腎研究最前線―Up Date Nephrology 臨床研究4つの誤解
    NephrologyFrontierVol.10No.4.2011

  • 68.

    福間 真悟,福原 俊一
    透析医療における臨床研究方法の進歩
    In: EBM透析療法 2010-2011 [Internet]. 中外医学社. 2010.

TOP