学会発表・受賞

シンポジウム(国際)

  • 1.

    Fukuma S.
    Health status before and after the disaster in Fukushima.
    World Health Summit (WHS). Berlin, Germany. 2014 Oct.

  • 2.

    Fukuma S.
    Practice pattern and outcome of CKD-MBD: MBD-5D study.
    International session of the 58th Congress of the Japanese Society for Dialysis Therapy (JSDT). Fukuoka, Japan. 2013 Jun.

  • 3.

    Fukuma S.
    Interaction on mortality between phosphorus and nutritional index.
    DOPPS symposium of the 58th Congress of the Japanese Society for Dialysis Therapy (JSDT). Fukuoka, Japan. 2013 Jun.

学会(国際)

  • 1.

    Fukuma S.
    Quality of care and incidence of end-stage renal disease in the elderly chronic kidney disease patients: Cohort study from the national database of health insurance claims of Japan.
    European Renal Association – European Dialysis and Transplant Association(ERA-EDTA) . Copenhagen, Denmark. 2018 May 24-27.

  • 2.

    Fukuma S.
    A prediction rule for loss of physical function in hemodialysis patients: a cohort study.
    European Renal Association – European Dialysis and Transplant Association(ERA-EDTA) . Istanbul, Turkey. 2013 May.

  • 3.

    Fukuma S.
    Interaction on mortality between phosphorus and albumin level: the Dialysis Outcomes and Practice Pattern Study in Japan.
    European Renal Association – European Dialysis and Transplant Association(ERA-EDTA). Prague, Czech Republic. 2011.

シンポジウム(国内)

  • 1.

    福間 真悟.
    データベース研究の時代~DOPPSの研究デザインより~,
    第62回日本透析医学会学術集会・総会(企業共催シンポジウム6). 神奈川県横浜市. 2017年6月

  • 2.

    福間 真悟.
    臨床床研究デザイン,
    第7回 日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会. 京都府京都市. 2016年9月

  • 3.

    福間 真悟.
    薬学研究者が知っておきたい臨床研究デザイン:新しい倫理指針から学ぶ,
    一般社団法人 日本医療薬学会 第60回医療薬学公開シンポジウム「医療現場と大学のコラボレーション 〜こうすればいいんだ、臨床研究〜」(シンポジウム2). 滋賀県草津市. 2015年11月

  • 4.

    福間 真悟.
    データベース研究の課題と展望,
    第59回日本透析医学会学術集会・総会(シンポジウム 13:日本透析医学会統計調査の課題と展望). 兵庫県神戸市. 2014年6月

  • 5.

    Fukuma S.
    ESA responsiveness and mortality in hemodialysis patients.
    Renal data registry session of the 58th Congress of the Japanese Society for Dialysis Therapy (JSDT). Fukuoka, Japan. 2013 Jun.

  • 6.

    Fukuma S.
    Clinical research of anemia and nutrition among hemodialysis patients.
    Symposium of the 49th Annual Meeting of the Japanese Society for Artificial Organs. Tokyo, Japan. 2011.

  • 7.

    Fukuma S.
    ESA hyporesponsiveness, iron deficiency and mortality in hemodialysis patients.
    Renal data registry session of the 55th Congress of the Japanese Society for Dialysis Therapy (JSDT). Kobe, Japan. 2010.

招待講演(国内)

  • 1.

    福間 真悟.
    The Effects of Quality of Care on Initiation of Dialysis in Patients with Chronic Kidney Disease and Diabetes,
    日本臨床疫学会 第1回年次学術 大会優秀演題(口演). 東京都. 2017年10月

  • 2.

    福間 真悟.
    今日から始めるデータベース研究:研究デザイン上の工夫と注意点,
    日本臨床疫学会 第1回年次学術大会 研究実践ワークショップ2. 東京都. 2017年9月

  • 3.

    福間 真悟.
    薬品売り上げデータを活用したデータベース研究の進め方,
    日本臨床疫学会 第1回年次学術大会ランチョンセミナー2. 東京都. 2017年9月

  • 4.

    福間 真悟.
    QMentor、ワークブックの使い方,
    道標2版の出版記念講演会 特別セミナー「医療を変える臨床研究」. 京都府京都市. 2017年9月

  • 5.

    福間 真悟.
    リサーチ・クエスチョンから研究の基本設計図へ,
    第4回ウェブカンファレンスBayer Medical Dialogue 4th MAF WEB conference. 大阪府大阪市. 2017年8月

  • 6.

    福間 真悟.
    CKD診療の見える化:医療データ×臨床研究デザイン,
    第36回浅間腎不全懇話会. 長野県小諸市. 2017年7月

  • 7.

    福間 真悟.
    腎疾患データベース研究~臨床研究の転換点~,
    第62回日本透析医学会学術集会・総会(ワークショップ24). 神奈川県横浜市. 2017年6月

  • 8.

    福間 真悟.
    ヘルスデータ分析によるヘルスケアの課題解決,
    医療ビッグデータ・コンソーシアム 第1回ヘルスケア部会. 東京都. 2017年1月

  • 9.

    福間 真悟.
    CKD領域のデータベース研究,
    腎臓・透析医のための学術講演会. 京都府京都市. 2017年1月

  • 10.

    福間 真悟.
    腎疾患データベース研究,
    日本臨床疫学会 発足記念講演会. 東京都. 2016年12月

  • 11.

    福間 真悟.
    臨床研究デザインから学ぶ統計解析:臨床研究論文の読み方,
    Expert Meeting in Oita. 大分県大分市. 2016年11月

  • 12.

    福間 真悟.
    DOPPS・MBD5D研究から学ぶ臨床研究デザイン~リサーチクエスチョンが可視化されるまで~,
    CKD研究デザインセミナー2016. 福岡県北九州市. 2016年7月

  • 13.

    福間 真悟.
    CKD教育入院の臨床研究をデザインする,
    第59回日本腎臓学会学術総会. 神奈川県横浜市. 2016年6月

  • 14.

    福間 真悟.
    第5回「臨床研究の道標(みちしるべ)-研究デザイン7つのステップ5 総集編 研究をデザインする」,
    第65回(公社)全日本鍼灸学会学術大会. 北海道札幌市. 2016年6月

  • 15.

    福間 真悟.
    ヘルスデータを活用した保健事業,
    データを活用した保健指導の評価. 東京都. 2016年6月

  • 16.

    福間 真悟.
    MBD-5D研究から学ぶ臨床研究デザイン,
    CKDトータルケアレクチャー2016. 大阪府大阪市. 2016年4月

  • 17.

    福間 真悟.
    透析診療の現場からエビデンスを発信する!,
    第10回神戸腎臓ネットワーク学術講演会. 兵庫県神戸市. 2016年1月

  • 18.

    福間 真悟.
    からだの学校~住民の行動を変え、地域を元気にする~,
    「ANSHINのデザイン」第3回セミナー. 京都府京都市. 2015年8月

  • 19.

    福間 真悟.
    健康長寿のための新たなヘルスケア,
    大阪ビジネスフューチャーズ. 大阪府大阪市. 2015年8月

  • 20.

    福間 真悟.
    第四回「臨床研究の道標(みちしるべ)‐研究デザイン7つのステップ‐概念の変数化,
    第64回(公社)全日本鍼灸学会学術大会 ふくしま大会『今、鍼灸の復興を』~拓け未来、育め希望~. 福島県郡山市.2015年5月

  • 21.

    Fukuma S.
    Evaluation of urine sediment in the diagnosis of kidney disease.
    Keynote lecture of the 3rd Congress of the Japanese Society of General Laboratory Medicine. Gifu, Japan. 2012.

受賞

  • 1.

    日本臨床疫学会 第1回年次学術大会 Young Investigator Award(The Effects of Quality of Care on Initiation of Dialysis in Patients with Chronic Kidney Disease and Diabetes).
    2017年10月

  • 2.

    2016年度グッドデザイン賞受賞(健康コミュニティ『からだの学校〜「幸せな老い方」を実現する健康コミュニティのデザイン〜 』).
    2016年10月

  • 3.

    第3回京都大学 学際研究着想コンテスト 総長賞.
    2015年10月

  • 4.

    2013年 欧州腎臓病学会(EDTA)優秀発表賞.
    2013年6月

  • 5.

    2011年 欧州腎臓病学会(EDTA)優秀発表賞.
    2011年6月

  • 6.

    中国腎不全病態研究会 優秀ポスター賞.
    2009年9月

TOP