研究内容

施設

施設

高齢者入居施設でのIoTによるヘルスデータ拡張

「老い」を支えるヘルスシステムの強化を図るべく、
高齢者入居施設でヘルスデータを活用した介護予防を行っています。

高齢者生活の中にIoTを実装し、ライフログを自動的に収集
医療・介護のデータと連携し、分析結果を還元
高齢者の自立した生活を支えます
(日本老人福祉財団、京都市立芸術大学との共同研究)

プロジェクト一覧

IoTを活用した介護予防プロジェクト

自立期から入居し、生活・医療・介護の要素が揃った「町型高齢者入居施設」をフィールドとして、IoTを活用した介護予防を進めています。
京都市立芸術大学との連携によって、IoTによるライフログ取得を暮らしの中にデザインしています。
医療・介護・暮らしぶりのデータ連携により、高齢者機能低下の予兆を検知することで、老いを支えるシステムを強化します。

2017年より、日本老人福祉財団と共同研究
2017年より、京都市立芸術大学と共同研究

TOP